江幡公認会計士税理士事務所

〒102-0082 東京都千代田区一番町23-2番町ロイヤルコート801
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅 5番出口 徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅  3番出口 徒歩6分

お電話でのお問合せはこちら
03-6272-4283
03-6272-4284
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日
2019年01月号 第017回「無駄の基準」 - 千代田区 税理士 江幡公認会計士税理士事務所

インフォメーション

お問合せ・ご相談
03-6272-4283
03-6272-4284

お問合せはお電話・メールで受け付けております。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

09:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日
夏季・年末年始休業有

アクセス

〒102-0082
東京都千代田区一番町23-2  番町ロイヤルコート801

「濃い字シリーズ」
所長 江幡淳の直筆・経営コラム
2019年01月号

2019年01月号 第017回「無駄の基準」

 

ビジネスにおいて、何が無駄で何が無駄ではないのか。

国語辞典によると、そもそも、「無駄」とは、「役に立たないこと。それをしただけのかいがないこと。」と定義されていますので、何かの役に立つこと、それをしただけのかいがあること、であれば、無駄ではないということになります。
例えば、どこにどれだけコストをかけるかという場面では、無駄かどうかの判断は、まさに経営判断なのだと思います。

百貨店を観察していると、様々なヒントを得られます。最近改めて目に留まったのは、日本橋高島屋さんのエレベーターガールです。ひと昔もふた昔も前であれば、都心でも地方でも、エレベーターガールはどの百貨店にもいました。銀座伊東屋さんにもいました。
しかし、近年は、エレベーターガールいるエレベーターは減少傾向にあるように思えます。

百貨店のエレベーターガールの役割は、単に行先階のボタンやドアの開閉ボタンを押すだけではありません。まず、エレベーターガールは百貨店の顔です。
そして、各階の説明、到着時のアナウンス、上に行くか下に行くかのアナウンス、混雑時の客の誘導、搭乗客がいない階の通過操作など、様々な役割を遂行していると思います。

逆に、エレベーターガールがいないエレベーターはどうかというと、雰囲気が重くなりがちです。混雑時には、下手をすると行先階のボタンを押せない、降りることができない、降りる時にドアがぶつかって痛い、各駅停車の場合、操作盤の前に居る人がエレベーターガール的な役割をしなければならず、それをしないと周りから無言の圧力を感じるなど、不愉快な思いをすることがあると思います。
折角ショッピングを楽しんでいるのに、エレベーターの中で不愉快な気持ちになりたくはないですね。

こうしてみると、エレベーターガールは、客の気持ちを和やかにする役割を通して、客の購買意欲を促進し、客の百貨店に対する愛着を生む役割も果たしているのではないかと思われます。何が無駄で何が無駄ではないのか。深度ある経営判断が求められています。

                                   江幡 淳

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:09:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

03-6272-4283
03-6272-4284