江幡公認会計士税理士事務所

〒102-0082 東京都千代田区一番町23-2番町ロイヤルコート801
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅 5番出口 徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅  3番出口 徒歩6分

お電話でのお問合せはこちら
03-6272-4283
03-6272-4284
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

インフォメーション

お問合せ・ご相談
03-6272-4283
03-6272-4284

お問合せはお電話・メールで受け付けております。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

09:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日
夏季・年末年始休業有

アクセス

〒102-0082
東京都千代田区一番町23-2  番町ロイヤルコート801

「濃い字シリーズ」
所長 江幡淳の直筆・経営コラム
2019年08月号

2019年08月号 第024回「相棒」

 

語源由来辞典によると、「相棒」とは、「江戸時代の駕籠(かご)や畚(もっこ)の棒に由来する。 駕籠や畚は二人一組で棒の端と端を担ぐことから、その相手を『相棒』といった。
そこから、二人で協力して事をする時の相手も『相棒』というようになった。」とのことです。

仕事において、皆様の周りには、実は様々な相棒が居ると思うのです。
大分類では、「自社」と「得意先」、「自社」と「仕入先」、「自社」と「金融機関」といったところでしょう。中分類では、「経営者」と「従業員」、「営業部」と「経理部」、「上司」と「部下」などです。小分類では、皆様ご自身を片棒とするならば、隣に座っている同僚、毎日にらめっこするパソコンなどの仕事道具です。

上記に登場したものは、実際には相棒とは呼ばないかもしれませんが、自分の相棒だと考えると、なかなか良いものです。
私にとっての仕事上の相棒は、職員、取引先、事務所、仕事机、パソコン、照明器具、鞄、水筒、はちまき、など、枚挙に暇がありません。

なぜ相棒かというと、なくてはならない、世話になっている、助けられる、苦楽を共にした、気合が入る、思いとどまらせてくれた、といった様々な思いがあるからです。

自分一人だけでやれなくもないことはありますが、自分一人でやることには限界があります。見方によっては、自分一人だけで仕事を完結することはできないはずです。
内外を問わず、自分の仕事を補佐してくれる人がいます。自分の仕事を有効かつ効率的に進めるのに役立つ仕事道具があります。

令和元年も残すところ4ヶ月とちょっとです。皆様の周りに居る相棒に、思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

江幡 淳

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:09:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

03-6272-4283
03-6272-4284