江幡公認会計士税理士事務所

〒102-0082 東京都千代田区一番町23-2番町ロイヤルコート801
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅 5番出口 徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅  3番出口 徒歩6分

お電話でのお問合せはこちら
03-6272-4283
03-6272-4284
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

インフォメーション

お問合せ・ご相談
03-6272-4283
03-6272-4284

お問合せはお電話・メールで受け付けております。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

09:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日
夏季・年末年始休業有

アクセス

〒102-0082
東京都千代田区一番町23-2  番町ロイヤルコート801

「濃い字シリーズ」
所長 江幡淳の直筆・経営コラム
2020年05月号

2020年05月号 第033回「社長はつらいよ」

 

Facebookに経営コンサルタントの広告が出てきたので読んでみました。
その経営コンサルタントは、要するに飲食店の経営改善に関する記事を投稿していたのですが、それに対して、飲食店経営者と思われる人が「経営コンサルタントは自分で飲食店を経営してないよね。」といったことをコメントしていました。

このやりとりには、経営コンサルタントの役割は何かという視点と、経営コンサルタントのアドバイスを必要としているか否かという視点が混在しているので、別個に整理して考える必要があると思われます。
しかし、経営コンサルタント的要素も持つ士業としましては、上記のようなコメントをもらわないようにしたいものです。

さて、社長は全ての社内の業務を遂行できるわけではありません。指揮者は全ての楽器を演奏できるわけではありません。全ての医者が健康なわけではありません。学校の先生は人生を達観しているわけではありません。

それでも、彼らは人にモノを言わなければなりません。それが、彼らの仕事だからです。人にモノを言う立場の人は覚悟が必要ということなのだと思います。
人にモノを言うことは、時にはつらいものです。言いたくないことも言わなければならない時があります。

会社、とりわけ中小企業では、社長が一番つらい思いをします。お金の心配、人の心配、仕事の心配のすべてを引き受けるのに、分かってもらえない場合があります。
それでも、社長は言い続けなければなりません。

社長以外に信念をもって言える人はいないからです。

江幡 淳

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:09:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

03-6272-4283
03-6272-4284