江幡公認会計士税理士事務所

〒102-0082 東京都千代田区一番町23-2番町ロイヤルコート801
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅 5番出口 徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅  3番出口 徒歩6分

お電話でのお問合せはこちら
03-6272-4283
03-6272-4284
受付時間
10:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
2020年09月号 第037回「秘すれば花なり。秘せずは花なるべからず。」 - 千代田区 税理士 会計士 江幡公認会計士税理士事務所

インフォメーション

お問合せ・ご相談
03-6272-4283
03-6272-4284

お問合せはお電話・メールで受け付けております。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

10:00~17:00

定休日

土曜・日曜・祝日
夏季・年末年始休業有

アクセス

〒102-0082
東京都千代田区一番町23-2  番町ロイヤルコート801

「濃い字シリーズ」
所長 江幡淳の直筆・経営コラム
2020年09月号

2020年09月号 第037回「秘すれば花なり。秘せずは花なるべからず。」

 

お陰様で、独立開業してから12年目になりますが、様々なお問い合わせやお声がけを頂きます。大変有難く感謝致しております。
「秘すれば花なり。秘せずは花なるべからず。」とは世阿弥の「風姿花伝」の言葉ですが、慢心こそ敵である、ここぞという見せ場に備えて高みを目指し続けることを説きます。
私自身も、慢心に陥らないよう、仕事自体に精神修養の面があると捉え、困難な仕事も喜んでお引き受けする所存です。

しかし、慢心に陥らないことは、実際にはとても難しいことだと感じることがあります。
時には、受注すべきか否か、悩ましい案件があります。弊事務所が受注することにより、相手は一定の満足を得ると予想されるが、どうも腑に落ちない案件です。
弊事務所がどこかでかなり身を削る局面がある、継続的な信頼関係を築けるか否かがかなり不透明である、といった場合です。

この点、以前に、私の親ほどの大先輩会計士の助言を参考にさせて頂きました。
受注すべきか否か悩ましい場合は、相手のビジネスに社会的使命があるか、相手のビジネスは社会的になくてはならないものか、という点を判断基準にするとのことでした。社会的使命、社会的存在意義のあるものが対象であれば、多少の無理は無理ではなくなり、少なくともこちらが信頼し続けることはできます。

なるほど、大先輩の助言は大変参考になりますが、私は一つ付け加えたいと思います。精神修養と思えるか否かです。
物事を正当に判断するためには、(なるべく)慢心に陥らず、心身ともに修養を継続し、ここぞという見せ場に備えて高みを目指し続けるほかありません。

江幡 淳

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:10:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

03-6272-4283
03-6272-4284