会計江幡公認会計士税理士事務所

〒102-0082 東京都千代田区一番町23-2番町ロイヤルコート801
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅 5番出口 徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅  3番出口 徒歩6分

お電話でのお問合せはこちら
03-6272-4283
03-6272-4284
受付時間
10:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
2020年10月号 第038回「時の経過がもたらすもの」 - 千代田区 税理士 会計士 江幡公認会計士税理士事務所

インフォメーション

お問合せ・ご相談
03-6272-4283
03-6272-4284

お問合せはお電話・メールで受け付けております。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

10:00~17:00

定休日

土曜・日曜・祝日
夏季・年末年始休業有

アクセス

〒102-0082
東京都千代田区一番町23-2  番町ロイヤルコート801

「濃い字シリーズ」
所長 江幡淳の直筆・経営コラム
2020年10月号

2020年10月号 第038回「時の経過がもたらすもの」

 

大先輩の会計士に、「江幡君、年長者の言うことはだいたい後付けだからな。」と言われたことを思い出しました。いわゆる昭和の、清濁併せ呑む、「がはは。」といった感じの大先生でした。

ビジネスにおいて、5年という期間は一つの目安であると言えます。人によっては1年や3年といった補助目盛があるかもしれませんが、だいたい5年と考えてよろしいのではないでしょうか。

そういえば、一般的な中長期経営計画の期間は5年であるし、会計基準には5年を目安とした規定があります。これは、歴史的に、5年という期間を経ると、時の経過に伴い、物事の変化が顕在化するからだと思います。冒頭の「がはは。」大先生のおっしゃるように、時の経過に伴い物事が変化したことに気付くと、人はその意味を問いたくなるのではないでしょうか。

健康状態、人間関係、会社の業績のどれをとっても因果応報です。時には後悔することもあるでしょう。重要なのは、どのような現実であっても、それを受け入れ、次につなげることです。幸福は、初めは幸福の顔ではなく、不幸の顔をしていることがあります。初めは「まずいことが起こった。」と思っても、後に「あの時、あの事があって良かった。」ということがあるものです。

5年もすれば物事は変化するのですから、何が起きても不安にならず、自分が信じるやり方を継続したいものです。

江幡 淳

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:10:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

03-6272-4283
03-6272-4284