江幡公認会計士税理士事務所

〒102-0082 東京都千代田区一番町23-2番町ロイヤルコート801
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅 5番出口 徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅  3番出口 徒歩6分

お電話でのお問合せはこちら
03-6272-4283
03-6272-4284
受付時間
09:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

インフォメーション

お問合せ・ご相談
03-6272-4283
03-6272-4284

お問合せはお電話・メールで受け付けております。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

09:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日
夏季・年末年始休業有

アクセス

〒102-0082
東京都千代田区一番町23-2  番町ロイヤルコート801

「濃い字シリーズ」
所長 江幡淳の直筆・経営コラム
2017年11月号

201711月 第003回 「何かを『治す』ということ」

 

筆圧が強くて字が濃い。顔が濃い。濃い字シリーズ。

 

「この人に、どうしてもお伝えしたい。」ということがあります。

そのような場合、みなさんはどのようにしますか?

 

こんなことを言ったら嫌われてしまう、ここまで言ってしまったらしつこいと思われてしまう、他人がこんなことを言うのは迷惑ではなかろうか。どうしても、相手の反応を気にしてしまいます。

 

しかし、相手が家族だったらいかがでしょうか。本当に伝えたいことがあったら、とことん伝えるのではないでしょうか。例えば、子供が大学受験に失敗してふさぎこんでいる。ふさぎこんでいるだけでなく、どうも自暴自棄になっている。そんな子供に対し、母親が、子供にしがみついて、子供の体をゆらしながら、とくとくと、人生の尊さを説く。たぶん、こうなるのではないでしょうか。

 

何か物事を相手に伝えたい時、相手の反応を気にしてしまうのは、ある意味、自分のエゴです。自分が傷つきたくないので、傷つかない理由を求めるのではないでしょうか。

 

このことは、仕事の上でも同様ではないでしょうか。家族の例のように、物事を伝える時は、本当に相手のためを思って伝えたいです。または、本当に会社のためを思って伝えたいです。

 

最近、節税に対するアドバイスを求められた際、私は節税のアドバイスをしませんでした。節税よりも何十倍も重要なことがあると思ったからです。私は、経営者のため、会社のためを思って、今後も仕事をしていきたいと思います。

 江幡 淳

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:09:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

03-6272-4283
03-6272-4284