江幡公認会計士税理士事務所

〒102-0082 東京都千代田区一番町23-2番町ロイヤルコート801
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅 5番出口 徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅  3番出口 徒歩6分

お電話でのお問合せはこちら
03-6272-4283
03-6272-4284
受付時間
09:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

インフォメーション

お問合せ・ご相談
03-6272-4283
03-6272-4284

お問合せはお電話・メールで受け付けております。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

09:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日
夏季・年末年始休業有

アクセス

〒102-0082
東京都千代田区一番町23-2  番町ロイヤルコート801

所長コラム
江幡淳の税金・経営にまつわる
豆知識シリーズ
2017年04月

2017年04月27日 第002回「医療費控除のハードルが下がりました!」

~セルフメディケーション税制~

 

10万円以上でないと適用されないとされている医療費控除において、「スイッチOTC薬控除」(医療費控除の特例)が創設されました。OTC薬とは、カウンター越しに販売する薬のことで、いわゆるドラックストアなどで販売されている大衆薬や一般薬を指します。

 

個人が健康の維持増進及び疾病の予防について一定の取り組みのためにOTC医薬品を購入した場合に、この医療費控除の特例の適用があります。この特例の適用によって控除される金額は、購入額の合計額が12千円を超えるときの、その超える部分の金額であり、88千円が上限とされます。なお、これまでの医療費控除との併用はできません。

 

この「スイッチOTC薬控除」(医療費控除の特例)を受けるには、確定申告が必要となりますが、これまでの医療費控除よりもハードルが低いので、ご一考の余地があるのではないでしょうか。

江幡 淳

2017年04月06日 第001回「配偶者控除、配偶者特別控除が見直し!」

 

今年から配偶者特別控除は配偶者の所得金額が拡大される一方、配偶者控除では納税者本人の所得金額に制限が加わります。来年以後は、夫婦の所得金額を確認しなければなりません。 


配偶者控除は一律38万円でしたが、これからは控除を受ける納税者の所得金額に上限を設けた上、納税者の所得金額に応じて控除額が逓減されます。例えば、妻が70歳未満の場合、夫の給与収入が1,170万円超1,220万円以下での配偶者控除はこれまでの38万円から13万円に減ります。夫の給与収入が1,220万円超の配偶者控除はゼロとなります。

 

さらに、妻の給与収入が150万円以下の配偶者特別控除も38万円でしたが、妻の給与収入が201万円超の場合はゼロとなります。また、夫の給与収入が1,170万円超1,220万円以下の場合、妻の給与収入が150万円以下の配偶者特別控除は13万円となります。

 

控除額は異なるものの、住民税においても平成31年度以後に同様の改正が行われる予定です。

江幡 淳

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:09:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

03-6272-4283
03-6272-4284