江幡公認会計士税理士事務所

〒102-0082 東京都千代田区一番町23-2番町ロイヤルコート801
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅 5番出口 徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅  3番出口 徒歩6分

お電話でのお問合せはこちら
03-6272-4283
03-6272-4284
受付時間
09:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

インフォメーション

お問合せ・ご相談
03-6272-4283
03-6272-4284

お問合せはお電話・メールで受け付けております。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

09:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日
夏季・年末年始休業有

アクセス

〒102-0082
東京都千代田区一番町23-2  番町ロイヤルコート801

所長コラム
江幡淳の税金・経営にまつわる
豆知識シリーズ
2017年10月

2017年10月11日 第010回「ビットコインと税金」

 

最近、世間を賑わせている仮想通貨。代表的にものに、ビットコインがあります。

平成2941日に施行された「資金決済に関する法律」において、「仮想通貨」という概念が定められました。「仮想通貨」は、財産的価値があり、支払手段になるとされました。ビットコインは、法律的にはお金ではないけれども、財産的価値のあるものなのです。

 

そうすると、税金はどうなるのでしょうか。

 

まずは、個人に関係の深い所得税について考えてみましょう。所得税法上、ビットコインで得た利益には税金がかかるのでしょうか。この点は、ビットコインなどの仮想通貨は、円などのお金に換金した時点で「利益が出た」とみなされ、税金がかかります。一方、ビットコインを買っただけ、ビットコインを持っているだけ、という場合には、税金はかかりません。

 

次に、これもまた個人に関係の深い消費税はどうなるのでしょうか。この点は、仮想通貨の法律上の定義がはっきりしない時期は、ビットコインはこれまで「モノ」という位置づけだったため、基本的には消費税の課税対象でした。しかし、201771日以降はビットコイン取引にかかる消費税は非課税とされましたので、ビットコインを売ったり買ったりしても、消費税はかかりません。

 

税法上、ビットコインはちょっと注意が必要だ、と覚えておいてください。

江幡 淳

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:09:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

03-6272-4283
03-6272-4284