江幡公認会計士税理士事務所

〒102-0082 東京都千代田区一番町23-2番町ロイヤルコート801
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅 5番出口 徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅  3番出口 徒歩6分

お電話でのお問合せはこちら
03-6272-4283
03-6272-4284
受付時間
09:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

インフォメーション

お問合せ・ご相談
03-6272-4283
03-6272-4284

お問合せはお電話・メールで受け付けております。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

09:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日
夏季・年末年始休業有

アクセス

〒102-0082
東京都千代田区一番町23-2  番町ロイヤルコート801

所長コラム
江幡淳の税金・経営にまつわる
豆知識シリーズ
2018年06月

2018年06月27日 第023回「働く60歳台の方の厚生年金」

 

「厚生年金」は70歳未満の方であれば加入できますので、60歳になり「老齢厚生年金」の受給対象になっていても、まだ会社役員や会社員として働き、「厚生年金」の保険料を収めているという方もいらっしゃることでしょう。政府としても、高年齢者雇用を促進する取り組みを行っていますので、60歳台になっても働かれる方は、今後益々増えていくと思われます。

 

 さて、厚生年金という制度は、そもそもは労働者が退職して収入がなくなった後の所得を保障するために作られた制度なので、もともとは「退職」を年金受け取りの条件にしていました。これを「退職老齢年金」と呼ばれています。

 

一方、60歳を過ぎて再雇用になり仕事をしている場合でも、給料は以前よりも安くなることがあるため、給料があまり高くない方については厚生年金を支給するようにしたのが、退職老齢年金に対して特別なものという意味での「在職老齢年金」です。

したがって、上記の経緯を踏まえますと、例えば、60歳を過ぎて仕事をしており、かつ、給料が多い方については所得保障の必要はなく、厚生年金を減額してもよいということになります。制度上もそのように設計されており、60歳から64歳までの方と65歳以上の方に区分して、厚生年金減額の計算式が定められています。

 

 厚生年金減額の計算式の詳細についてはここには記載しませんが、例えば、66歳の方で、厚生年金の月額が16万円で、毎月のお給料が42万円の場合は、年間で72万円、月額では6万円の厚生年金が減額されます。

 

江幡 淳

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:09:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

03-6272-4283
03-6272-4284