江幡公認会計士税理士事務所

〒102-0082 東京都千代田区一番町23-2番町ロイヤルコート801
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅 5番出口 徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅  3番出口 徒歩6分

お電話でのお問合せはこちら
03-6272-4283
03-6272-4284
受付時間
09:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

インフォメーション

お問合せ・ご相談
03-6272-4283
03-6272-4284

お問合せはお電話・メールで受け付けております。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

09:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日
夏季・年末年始休業有

アクセス

〒102-0082
東京都千代田区一番町23-2  番町ロイヤルコート801

月次決算書

月次決算書サービスについてご紹介いたします。

月次決算書とは?

目標達成のために

目標達成のために、何をすればいいかが一目でわかる

事務所では「月次決算書」を活用して、業績アップ・キャッシュフローの改善の支援をしております。
月次決算書とは、読んで字の如く月次で決算書を作成するものです。月次決算書を毎月チェックすることにより、単なる過去の分析ではなく、「目標を達成するために、あと、何を、どうすればよい?」について、事務所が「数字の観点」からお客様に気付きを提供します。


事務所独自の月次決算書では数字が苦手な社長でも損益分岐点、労働分配率などの重要なデータが簡単に理解できるように作っております。月次決算書を活用して、毎月、毎月、お客様とPDCA(計画・実行・分析・改善行動)を行うことにより、次の打つ手をお客様と一緒に考えていきます。

また月次で決算する仕組みを作るためには、会計ソフトを導入して自社で経理処理を行えるようになる(自計化)のも大事なポイントです。事務所では顧問サービス内で、会計帳簿の自計化支援を行っておりますので、ご安心ください

月次決算書によるPDCA

PDCA(計画・実行・分析・改善行動)を行い、次の打つ手を考える

経営計画書を作っても、実際は計画が思うようにいかず未達成に終わることもあります。だからといって、経営計画書を作っても意味がないということではありません。なぜならば、経営計画書は、計画値と実績値のギャップを認識するために作成しているからです。
計画値と実績値の間にギャップが生じたら、「計画を達成できなかったのはなぜだろうか」「どの施策がいけなかったのだろうか」と、会社のことについてさらに深く考えるきっかけになります。
また、計画は一度作ったら終わりということではなく、計画が未達になることが分かった時点で、計画を見直してみるのです。このPDCAを繰り返していくことにより、経営がより精緻なものになっていきます。

PDCAにより明確となった次の打つ手が実行できなくても、それはそれでよいのです。今度は、どうしてできなかったのかについて見直しを行い、再度チャレンジすればよいのです。弊事務所は、月次決算書をお客さまと一緒に分析し、お客様と常に伴走しますのでご安心ください。

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:09:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

03-6272-4283
03-6272-4284