江幡公認会計士税理士事務所

〒102-0082 東京都千代田区一番町23-2番町ロイヤルコート801
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅 5番出口 徒歩1分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅  3番出口 徒歩6分

お電話でのお問合せはこちら
03-6272-4283
03-6272-4284
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日
2019年03月号 第019回「重役の仕事」 - 千代田区 税理士 江幡公認会計士税理士事務所

インフォメーション

お問合せ・ご相談
03-6272-4283
03-6272-4284

お問合せはお電話・メールで受け付けております。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

09:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日
夏季・年末年始休業有

アクセス

〒102-0082
東京都千代田区一番町23-2  番町ロイヤルコート801

「濃い字シリーズ」
所長 江幡淳の直筆・経営コラム
2019年03月号

2019年03月号 第019回「重役の仕事」

 

現在は「役員」という言葉を使用することが多いかもしれませんが、取締役や監査役には「重役」という呼称もあります。辞書によると、重役とは、責任の重い役目の人ということだそうです。
「責任が重い」とはどういうことでしょうか。重役の仕事について考えてみたいと思います。

重役と会社の契約は委任契約です。株主から会社経営を委任されているのです。具体的にどういうことかということを、従業員との比較で考えてみましょう。
従業員は、時には残業や休日出勤があるかもしれませんが、基本的には平日の何時から何時までという就業時間が定められています。また、生産、営業、経理といった担当業務が決まっています。基本的には上司から命令を受けた業務の遂行が求められ、責任の範囲は限定的です。

一方、重役は、そもそも就業時間という概念がありません。会社経営に1日24時間フルコミットです。有事となれば、昼夜を問わす執務にあたります。
また、重役の仕事は会社経営そのものですので、従業員のような具体的な業務内容はありません。

会社経営を換言すれば、将来予測と意思決定です。言葉では簡単ですが、とても難しい仕事です。物事は単純ではなく、様々な事象が重畳的になっています。この点は世界史などの歴史を紐解けば明らかです。
また、物事には確実ということはありません。必ず不確実性が伴います。この不確実性のことを「リスク」と言います。会社経営には常にリスクが伴います。
重役の仕事は、リスクを認識し、リスクをコントロールすることでもあります。こうした重役の仕事の出来如何で会社の運命が決まりますので、重役の仕事というのはとても責任が重いのです。
このことは、実際に重役をやったことのある人でないと、真に理解できないと思います。

渋沢栄一の「論語と算盤」では、重役にしてはならない人について言及されていますが、それについてはまた別の機会にふれることとしまして、最後に、重役の仕事は、責任が重いということだけではなく、「役」が「重」なるものなのだと思います。

つまり、自分の仕事を限定せず、他の人の仕事も多方面から大局的に捉えようとする強い意志が必要とされる仕事であると考えます。そして、能力とは強い意志の賜物であると信じております。

江幡 淳

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:09:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

03-6272-4283
03-6272-4284